Sameirás '1040' 2012

クリックで画像を表示

ワイン職人のアントニオ・カヒデは、バックリベイロ地区にある家族のブドウ畑を受け継ぎ、土着のブドウ品種を使ったワインを手作りしています。 隣接する二つの村の23箇所の土地、合計6haの小さなプロットで彼自身のブドウを栽培しており、そのなかでも選りすぐった葡萄を使うため、彼の生産するワインは自ずと限定少量生産のなります。

Sameirás '1040' 2012年は3,500本生産され、その一本一本に番号が振られた彼の自信作です。


This artisanal winery is run by Antonio Cajide, who left a conventional career to come back to his family’s vineyards in the Ribeiro district. Cajide uses native varieties to produce a unique and original signature wine. Cajide grows all his own grapes on 23 tiny plots of land in two neighboring villages, adding up to 6 Ha in total.

光金色と少し緑がさした力強い黄色。やや強めで複雑な香り。白桃と花と草、粕、微妙なスモークと青リンゴの皮の香りが主に感じられます。かすかな澱やスパイスを感じ、申し分なく構成されたその複雑な味が口いっぱいに広がります。後口は長く永続的な感覚を残してくれます。

An intense yellow color, with light golden and greenish hints. On the nose it shows complexity and medium intensity. White peaches and green apple peel with floral and herbaceous elements, lees, and subtle smokiness are the essential aromas. In the mouth it is unctuous and mouthfilling with a good structure, with hints of lees and an element of spice. Long and persistent finish.

Follow Me!